第1回 ずるずきん

「ペルソナ3について」

 

どーも。ずるずきんです。この度、クランの皆さんの強い要望により、コラムのようなものを書く運びとなりました。出来るだけ長続きするように頑張ります。とりあえずこのコラムの概要について説明しとこうと思います。

 

仮にもCoDクランのコラムですので、基本的にはFPSに関する内容を書きたいと思っているんですが、僕程度のプレイヤーが書くことなんて殆ど無いので、結局は僕自身の好きなモノのステマが中心になると思います。

 

さて1回目のテーマというか題材ですが、色々と迷った結果、「ペルソナ3(以下P3)」というゲームを紹介させて頂きます。

 

2006年に「アトラス」からps2にて発売されたRPGで、その後完全版の「P3fes」、PSP向けに多数の新要素を追加した「P3P」が発売。後に続編となる「P4」が発売され、アニメ化などもされたので、ペルソナという名前は知っている方がいるかもしれません。

 

ところで、数あるゲーム、RPGの中で何故このP3を1回目のテーマに選んだのか。その理由はこのゲームが、僕が考える「ゲームにとって一番重要なモノ」を体現しているからなのです。

 

このゲームは所謂、「一本道のJRPG」と一括にされるジャンルですが、同ジャンル内の他作品と一線を画している要因が「コミュニティシステム」です。

 

これは、昼間に主人公の住む街で色々な人々とのイベントをこなすことによって、コミュニティレベルが上がり、それが夜に攻略するダンジョンでのアドバンテージになる、というもの。

 

簡単に言うとRPGにADVのエッセンスを加えたようなシステムになっているわけです。これが実に秀逸でテンポが良く、ヤメ時を失わせてくれます。

 

このヤメ時が見つからない感じ。これこそ前述した僕の中での「ゲームにとって一番重要なモノ」なのです。つまるところ、ゲームの面白さとはこれに尽きるなと断言出来ます。

 

DQやFFなどのRPGにおけるレベル上げや、モンハンなどの狩りゲーにおける素材集め。こういった、ともすれば作業的と見なされがちな要素も、テンポ良く成果が出るとむしろ楽しくなってくるという経験は万人に当てはまる感覚でしょう。

 

これらの要素を満たす「P3」は僕が心からオススメできるゲームの1つなので、是非とも手にとって頂きたいと思っています。psp版が現実的ですかね。DL版もあるのでvitaでもプレイ出来ます。

 

さて、ここまで僕の山場もオチもない拙い文章を読んでくれた優しい方、本当にありがとうございました。もし許されるのでしたら次回以降も宜しくお願い致します。失礼しました。